なんの腹の足しにもならない

なんの腹の足しにもならない

永遠の若さ。

現在、永遠の若さを手に入れている私。 必ず死ぬけれど、今の私は永遠に若い。 母と父は間に7年の年の差がある、それ故に母は父と居る限りどんなにババアになろうが、永遠に若い奥様なのです。ちょっと父の同窓会の送迎なんかをするだけでちやほやされたりす…

急に涼しくなったり

夏が終わるのってちょっと気になってた子に恋人が居た事を知るって感情みたいにおセンチになりがちだしみんなこぞってそうなるから嫌。 急に涼しくなったからみんなおセンチになって平成最後の夏が終わるのを惜しみはじめる。みんなサライを聴いて私はグッバ…

きっと孕ったせい。

この数ヶ月間ほんとに赤色のものばかり目に付いて、ちょっと病的だった。 元々赤は好きな色だったけど、インテリアとか服とかは落ち着いた色の方が好きだったのに、突然赤に執着してしまって突然赤のラグやランプを買ったり、全身赤の服を着たり、髪まで赤く…

ぽっと出の女、場を荒らす。

ぽっと出の女は場を荒らす。もはや世の常である。 経験や歴史などが社会では役に立つ、大切だ、などと教育されて居るはずなのに。こと男女においてはぽっと出の女というチートが存在する。 タチが悪いのは、だいたいがろくでもない女なのだ。 ずっと好きだっ…

たとえば今私があなたに向って苺のショート・ケーキが食べたいって言うわね、

私は小林緑をやめることが出来ない ちょっと不愉快なことがあると小林緑の言葉を思い出して世の中の理不尽な事をわがままで押しのけようと思ってしまう。 好きな人を困らせるのが無性に好き。それで困ったなぁって顔をみたり、それでも好きだよって言われる…

ハミガキ粉を絞る様に

この前、友達が私はハミガキ粉を絞るみたいに作品を作ってる!と言っていた。 その表現にかなり共感してしまった。 全然作りたい作品が湧き出るとかではない。仕方なく絞り出すみたいに作品を作っている。 しんどい ただ、他に方法が見当たらない。こうして…

続・恋をやめたら面白くなった。

結論から言うと、恋をやめたら面白くなった の記事を更新してから24時間以内に告白されてしまう失態を犯し、紆余曲折したのち先日恋人ができました。 はやい…あまりにもはやい恋の終わりの終わりだった…。 読者の皆様には「え、はやくない?もう彼氏が出来た…

不服と被服

地震にパニックになり叫びながら飛び起きた。あまりの怖さに震えてしまった。 地震そのものが怖いという感情と同時に、自分で自分の身が守れるだろうか。という恐怖があった。 そう思うと、急にナーバスになって家から出ることも戸惑う感じになった。 ニュー…

めっちゃ可愛いけどもうあんまり好きじゃない

上半期ベスト傷ついたパワーワード大賞は 「めっちゃ可愛いけどもうあんまり好きじゃない」 「めっちゃ可愛いけどもうあんまり好きじゃない」ということは好きという感情が薄れても私の顔面は別れる直前ですら可愛いと思われている。というの喜ぶべきなのか(…

たまには目先の気持ちを。

心はこわばってるくせに、頭は痛いので小狡さを発揮してしまった。 ただ今人との距離感の鋭さまでロキソニンで散らしているためか、なんなのか、 私がずっと何となく気になっていた事を、顔を引きつらせながら教えてくれた人は話し終わるととても緩やかで臆…

みんなエスパーじゃない。

私は2ヶ月以上前に浮気された。でもそれは仕方のない事として、怒らない努力。忘れる努力。異性をに対する不信感を無くす努力。毎日楽しく過ごす努力。可愛く居る努力。 3年間満喫したぬるま湯から抜け出し毎日沢山の事と戦っています。それは刺激的で楽しく…

クローゼットは壊れない。

私の部屋のクローゼットの扉はすぐネジが緩む。 私はクローゼットがどうゆう仕組みになってどう直したら良いのか、という様な事はめっぽう苦手でございます。 以前は恋人が居たから、直してもらっていました。でも、ねじを締めても締めても。また2ヶ月もすれ…

恋をやめたら面白くなった。

そんなに幸せではないけれど 正直、毎日めちゃくちゃ面白い。 私こんなに面白かったっけ、と思ってしまったりもする。 ご飯は誰に食わせるでもないけれど、美味しく作れたりするし 思ったり感じたりすることを言葉にすんなりと出来てしまう今がとても楽しい…

またこの話か

夏になったら見たくなるアニメ そう。ヱヴァンゲリヲンと彼氏彼女の事情ですね お前最初のブログも彼氏彼女の事情じゃないか、と思っている方 そうです。また彼氏彼女の事情です。 最初の記事と合わせてお楽しみください。 私は普段全くアニメを観ないのです…

好きな映画の話

好きな映画は?と聞かれたら、私はまず「嫌われ松子の一生」と答えます。 プレゼン課題で改めて中島哲也監督作品について調べたり映画を見返した事をきっかけに、 中島哲也監督作品とその中でも1番好きな「嫌われ松子の一生」について考えてみました、課題で…

私は多分、左右盲

京都に来て多くの人が道の説明を東西南北でするので全く分からず困りました。 京都という街が碁盤の目状に構成されていての事だと思うけれど、今まで東西南北で道を意識して育っていない私には、ちんぷんかんぷんでした。 そこで気づいたのが、そういえば私…

2丁目に行ってみた。

私は高校生の時から友達と約束していたことがありました。 20歳になったら絶対2丁目のおかまバーに行こう。(この願望がすでにバカっぽい) その願いが先日ついに実現しました。 おかまを見たことない私は派手みたいなイメージがあったので 友達と2人でとり…

彼氏彼女の事情というアニメ

ここ2年くらい色々な人にいい加減ブログを書けと言われ続けていたんですが、書けど書けど文章がまとまらず消していくばかりで、ついにツイートでまとまらないほどの言葉が沢山湧いてきたので書く次第です。が、完全に自己満足なのでご了承ください。 彼氏彼…